≫ EDIT

【連載第6回】 B6判 「忍法!!黒い影」 

(解題)
ひばり書房発行。 本編128ページ。 「ひばりの漫画全集」第417巻として昭和34(1959)年4月頃に出版された。 小島剛夕が漫画家として初めて描いた本格的な忍者もの。 小島が好んで描く女忍者「おぼろ」の原型と言えるキャラクターも登場。 甲賀忍法帖を巡る甲賀と伊賀の争いがメインストーリーだが、主人公小平太の出生の秘密や小平太を嫌う多聞との確執、逆臣に乗っ取られた夕月城の話、謎の忍者「黒い影」の存在など、いろいろな要素を詰め込み過ぎて、少々まとまりに欠けるのが残念である。 絵はさすがに上手。

※画像は雑誌からのスキャン
※「あらすじ」は<続きを読む>クリック

忍法!!黒い影・表紙  忍法!!黒い影・P1

忍法!!黒い影・P37  忍法!!黒い影・P69


≫ EDIT

【連載第5回】 B6判 「南海菩薩剣」 

(解題)
ひばり書房発行。 本編128ページ。 「ひばりの漫画全集」第397巻として昭和34(1959)年2月頃に出版された。 「倭寇」と恐れられた「八幡船」の海賊を題材にした野心作。 山岡荘八か村上元三あたりの小説からインスパイアされたと思われる。 両親を海賊に殺された少年と、海賊の頭領の息子でありながら海賊を嫌って出奔し幕府の海事奉行目付となった青年が主人公。 女っ気が少ないのも特徴。 熱い男の世界をダイナミックに描写し、爽快感に満ちた明るい一作である。 湿っぽい印象が強い小島作品の中では異色作と言えよう。 個人的には好きな作品。

(補足/by風かをる)
成瀬氏が個人的に好きとおっしゃっている『南海菩薩剣』は剛夕先生も気に入っていらっしゃったようです。 後年、ボーイズライフという雑誌に『海原の剣』と改題し、ストーリーはほぼ忠実に描きなおしています。 ボーイズライフ掲載の『海原の剣』に関してのあらすじ等は2014年10月6日の【閑話】をご参照ください。  なお、『山岡荘八か村上元三あたりの小説からインスパイアされたと思われる。』という部分では1958年に発行された村上元三作「八幡船」が思い当たります。 この作品は1960年「海賊八幡船」というタイトルで、映画化されています。(東映・大川橋蔵主演)


※「あらすじ」は<続きを読む>クリック

南海菩薩剣・表紙 南海菩薩剣・扉絵 南海菩薩剣・P12

南海菩薩剣・P87 南海菩薩剣・P125 南海菩薩剣・P127


≫ EDIT

【連載第4回】 B6判 「隠密黒妖伝」  

(解題)
ひばり書房発行。 本編128ページ。 「ひばりの漫画全集」第387巻として昭和33(1958)年12月頃に出版された。 今もなお「ウィキペディア」など一部の誤った記述では小島剛夕のデビュー作とされている作品。 公儀隠密風早隼人が倒幕を企てる尾張藩の野心を打ち砕く痛快編。 前半の江戸でのお話にページ数を割き過ぎた感があり、そのため後半の終わりでのクライマックスが舌足らずに終わった印象を拭えない。 悪人たちの最後があっけなくて残念である。

(補足/by風かをる)
1980年、集英社から『まんが劇画ゼミ』いう書籍が発行されています。 (企画・編集:手塚治虫・尾崎秀樹・副田義也) その第7巻(全8巻)に横山光輝、ジョージ秋山両先生と一緒に小島剛夕先生についての諸々が掲載されています。

文章を読むと先生自ら原稿をお書きになられたというより、インタビューからの書き起こしかなと感じる部分が多々あります。 原稿を書く場合は、推敲・校正という作業が重要です。 しかし、インタビューを受けて話していくときには時代が行ったり来たりしますし、細かい年月日には記憶違いもあるでしょう。 また、音で聞いているので誤字・脱字も出てくると思います。 (「おぼろ十忍帖」が「おぼろ十人帖」になっているのが気になりました。)

剛夕先生が紙芝居時代を経て少年誌に絵物語を描き始めたという件では、昭和28年に集英社からの依頼で『はやぶさ剣士』(おもしろブック)をお描きになったという話が出てきます。 ところが実際におもしろブックに『はやぶさ剣士』が連載されたのは昭和31年6月号からです。 その後に「少年物は性に合わなかった。」という理由で貸本出版社からの依頼を受けて単行本を書き始め、『隠密黒妖伝』を苦労して描き上げ、これが本格的な劇画のデビュー作となった。と、続きます。 この『隠密黒妖伝』は昭和32年3月に発表したという詳細な記述もあります。

「ウィキペディア」などの『隠密黒妖伝』が小島剛夕の長編漫画デビュー作であるという記載は、案外この本がソースになっているのかもしれません。 剛夕先生に細かい年代の思い違いがあってもお話(インタビュー)の中では流れて行ってしまいます。 それがそのまま文章になってしまい、今でも確実性の高い資料として使われているのではないでしょうか。 興味深いお話やなるほどと合点がいくこともたくさんあるだけに、細かい年代や肝心なデビュー作をもう少しきちんとお調べいただいていたら、と残念に思います。


※「あらすじ」は<続きを読む>クリック

隠密黒妖伝・表紙 隠密黒妖伝・扉絵 隠密黒妖伝・P3

隠密黒妖伝・P24 隠密黒妖伝・P25 隠密黒妖伝・P87


≫ EDIT

【連載第3回】 B6判 「必殺剣乱れ柳」  

(解題)
ひばり書房発行。 本編128ページ。 「ひばりの漫画全集」第364巻として昭和33(1958)年11月頃に出版された。 大塩平八郎の乱の残党狩りと称して無法を働く暗殺集団「六法組」の真の目的とは? 謎の素浪人五月雨主水(実は大目付支配下の隠密で卯月柳四郎)が主人公の娯楽時代劇。 手塚キャラの下田警部にそっくりな岡っ引きも登場。 絵の出来は申し分ないが、ストーリー展開がやや平凡。 そのため前二作に比べて、登場人物の影が薄いような気がする。

(補足/by風かをる)
「必殺剣乱れ柳」が発行されるおよそ2年半前に集英社から発行された「おもしろブック」に【はやぶさ剣士】という絵物語が約半年間掲載されています。(昭和31年6月号~12月号) 全話を所有しているわけではありませんがストーリーが「必殺剣乱れ柳」に酷似しています。 細部は組み立て直してはいますが大筋ではほぼ同じであると言って差し支えないと思います。

剛夕先生は昭和30年代前半、少年誌に多くの絵物語を掲載しています。 「無明逆風剣」から1~2か月後の長編漫画発行となれば殺人的と言ってよいほど多忙を極めていたことは容易に想像がつきます。 絵も少々荒れている感じがしますし、成瀬氏が「ストーリー展開がやや平凡。 そのため前二作に比べて、登場人物の影が薄いような気がする。」という感想を持たれたのも頷けます。


※「あらすじ」は<続きを読む>クリック

必殺剣乱れ柳・表紙 必殺剣乱れ柳・扉P1 必殺剣乱れ柳・P12

必殺剣乱れ柳・P13 必殺剣乱れ柳・P128


≫ EDIT

【連載第2回】 B6判 「無明逆風剣」  

(解題)
ひばり書房発行。 本編128ページ。 「ひばりの漫画全集」第342巻として昭和33(1958)年9月あるいは10月頃に出版された。 『かげろう殺法』の後日談と言える一編で、謎の素浪人かげろう扇四郎が再び胸のすくような活躍を見せる。 ライバル左文字典獄も再登場。 大老水野越前守の失脚を狙う陰謀を背景に、扇四郎と盲目となった典獄の宿命の対決が描かれる。

タイトルの「無明逆風剣」は、扇四郎に打ち勝つべく典獄が自らの眼を焼いて会得した必殺剣の呼び名。 この「無明逆風剣」の名称とその技は、物語の冒頭に「無明逆流れ」という剣法の説明文があることから、南條範夫による連作小説「駿河城御前試合」の影響を大きく受けていること明白である。

小島はこの作品でもデビュー作に比肩する絵の上手さと語り口の妙で読者を魅了。 左文字典獄の性格描写も印象的で、敵役ながら憎めない人物として深く掘り下げて描かれている。

※「あらすじ」は<続きを読む>クリック

無明逆風剣・表紙 無明逆風剣・扉 無明逆風剣・P111

無明逆風剣・P115 無明逆風剣・P116 無明逆風剣・P127


≫ EDIT

【連載第1回】 B6判 「かげろう殺法」 

(解題)
ひばり書房発行。 本編128ページ。 「ひばりの漫画全集」第323巻として昭和33(1958)年6月頃に出版された。 時代劇の巨匠・小島剛夕の記念すべき漫画家デビュー作。

高貴な血筋に生まれた謎の素浪人かげろう扇四郎が主人公。 次期将軍の暗殺を企む大目付の陰謀を巡って、必殺剣「かげろう殺法」の使い手である扇四郎・彼を付け狙う隻腕の怪剣士左文字典獄・謎の強盗団「黒猫組」・幕府の弾圧に恨みを抱くキリシタン集団「紅クルス」など多彩な登場人物が入り乱れる痛快娯楽時代劇。

柴田錬三郎・五味康祐・南條範夫ら当時の人気時代小説家のエッセンスを取り入れたスケールの大きな物語を、小島剛夕はデビュー作とは思えない流麗な描線と大胆な構図でテンポ良く活写。 無駄の無い描写力と話術は処女作においてすでに完成の域に達し、凡百の貸本漫画家とは一線を画する才能を見せつけた。 他の有名作家のデビュー作と比べても、これほど優れた出来栄えの作品は滅多にお目にかからない。

※「あらすじ」は<続きを読む>クリック

かげろう殺法-表紙 かげろう殺法-扉 かげろう殺法-P7


 カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索