FC2ブログ

≫ EDIT

うず潮の果て 4 

うず潮の果てに   うず潮の果て
「うず潮の果て」 昭和36年7月 怪談・増刊
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

親友に裏切られ恨みを抱いて果てた父の亡霊に導かれるように阿波の地にやってきた隼人。そこに見たものは愛しい千鶴と瓜二つの双葉という乙女。しかも双葉は父を裏切った親友の娘だった。隼人を追って旅に出た千鶴は隼人の心を知り、自ら身を引くが・・・

一人淡路のたそがれに・・・・・・
想い哀しく笛を吹く・・・・・・・・・・
ああ・・・一本の竹笛なれど・・・
こめし願いを・・・君知るや・・・・

「瓜二つの女性」、これもキーワード。ひたむきな愛、愛するが故に身を引く。このあたりの心の機微がこの後、複雑に発展していく。ひばりコミックス「うず潮の果て」と同ストーリー



「風俗史教室」という企画がこの巻から始まる。最優秀投稿者に原画をプレゼントするもので第一回は「戦国時代の姫君」(「風俗史教室」というカテゴリをブログにも作る予定です。)2016/06/07記

風俗史教室第一回/戦国時代の姫君
風俗史教室・小島剛夕武蔵野プロ・第一回作品「戦国時代の姫君」
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

長編大ロマン | TB(0) | CM(0) [ 2007/01/14 13:57 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索