FC2ブログ

≫ EDIT

【連載第37回】小島剛夕長篇大ロマン25 折鶴影法師 

(解題)
つばめ出版発行。 本編157ページ。 昭和38(1963)年7月頃に出版された。 『書籍雑誌卸月報』では6月の出版予定になっている。 関白・豊臣秀次に許婚を奪われた男の復讐劇を、時に激しく時に甘く緩急を付けて描いた一作。 この作品は後に小島自身によってリメイクされ、『別冊漫画アクション』昭和44(1969)年3月号と4月号に掲載された。

(あらすじ)
漁師の又四郎と美しい娘・鶴は、将来を誓い合った仲であった。 だが、鶴が関白・豊臣秀次に偶然見初められたために、秀次の家臣達の策謀によって、又四郎と鶴の仲は引き裂かれてしまった。 又四郎は鶴を取り戻そうと秀次を襲うが、運なく取り押さえられ、絶海の孤島鬼影島へ流刑に処せられる。 鬼影島の牢内で、又四郎は元伊賀の忍者・黒阿弥と出会い、彼から兵法や忍術の極意を授かる。 鶴と再び会いたいという執念が又四郎に生きる力を与えた。 黒阿弥が作った伊賀忍法仮死の秘薬「反魂湯」を飲んで、又四郎は鬼影島からの脱出に挑む。

(補足/by風かをる)
この作品は、「忍者影法師」(ひばりコミックス/昭和42年3月1日)と改題し再発行されています。 A5判から新書判に「判」を変更、装丁(表紙絵)も題名も『長篇大ロマン』を意識しないものに変更されたのではないかと思われます。

37-01.jpg 37-02.jpg 37-03.jpg

37-04.jpg 37-05.jpg


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索