FC2ブログ

≫ EDIT

【連載第25回】小島剛夕長篇大ロマン13 お七狂乱  

13 お七狂乱

(解題)
つばめ出版発行。 本編126ページ。 昭和37(1962)年6月頃に出版された。 恋する気持ちが募り過ぎて放火事件を起こしてしまった八百屋お七の有名なお話を題材にした一作。 火あぶりの刑に処されたという事実を大胆に改変してハッピーエンドとしたところに、純情一途なお七への作者小島剛夕の哀れみが感じ取られる。

(あらすじ)
お七と吉三郎の出会いは、喧嘩だった。 吉三郎が亡父の仇討を断念し寺小姓となって去る時も、お七は胸の内にある淡い恋心を理解できぬまま、意地の張り合いから吉三郎と喧嘩別れをしてしまう。 月日が経つに連れて、その想いが恋であることをお七は知るようになる。 そして「振袖火事」と呼ばれる明暦の大火の日、避難所の寺でお七は吉三郎と再会する。

(補足/by風かをる)カテゴリ『長篇大ロマン』、「お七狂乱」参照

25-ositikyouran-01.jpg 25-ositikyouran-02.jpg 25-ositikyouran-03.jpg

25-ositikyouran-04.jpg 25-ositikyouran-05.jpg 25-ositikyouran-06.jpg


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索