FC2ブログ

≫ EDIT

本日の更新 

本日は以下の3点を更新いたしました。

・「漫画ゴラク/昭和45年6月30日号」付録 【ゴラクギャラリー・徳川家康】
・「週刊漫画アクション/昭和45年8月27日号」掲載 【孤剣の狼・最終回】
・「漫画天国/昭和47年4月20日号」掲載 【木枯し紋次郎・新連載】

【孤剣の狼】は途中抜けはあるものの最終回を読むことができて嬉しかったです。 物語は「やっと我が子を探しあて取り戻した。 無三四にはまだおぼろを探すことが残っていた。 あてのない果てしない旅が・・・。」という説明文で終わるのですが、ここで「はて? おぼろは『血の山』の巻で殺されたはずなのに・・・?」と疑問を持ちました。 急いで『血の山』の巻を読み返したところ、確かに無三四の腕の中でおぼろはこときれています。 

ただし、その続きがありました。 おぼろと子供と平和に暮らす夢・・・もう一人のおぼろを見つけて夢の続きを見てやる・・・という無三四の決意の部分が風かをるの記憶から抜けていました。(汗) 忍びには平和な夢を見ることが許されないと言う掟に逆らう無三四の決意ですが、「もう一人のおぼろを探す」というところにちょっとだけ引っかかった風かをるです。

最後の文章はこことつながっていたわけです。 おぼろの殺され方が凄惨だっただけに、すぐもう一人のおぼろを探すと言う無三四の気持ちを測りかねた風かをるでした。 もちろんそうすること(夢の続きを見ること)がおぼろがいちばん喜びそうだから・・・というフォローはありました。 

余談ですが、おぼろと伊吹忍者たちとの死闘は「忍者武芸帳」の中で重太郎との子を身ごもった「明美」が殺される場面とかぶる部分があります。 明美の殺され方の方はさらに凄惨ですが・・・。

更新した画像等、詳細はサイトにてご確認ください。

週刊漫画アクション  漫画天国


探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2016/05/14 13:50 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索