FC2ブログ

≫ EDIT

【怪談別冊・時代特集1】 幻の群盗 

昭和35年1月頃の発刊と推測されます。

<怪談別冊・時代特集1>
・幻の群盗(小島剛夕)35P
・そして旅僧は去った(清水良)
・魔女(久慈あきら)
・火の鳥(鹿野はるお)
・悪魔の地図(清水良)

今回から新しいカテゴリ【怪談別冊・時代特集】全15巻を更新していきます。 <時代特集1>には清水良作品が2点掲載されています。 また、剛夕先生と同時掲載が多く、競作も発表している「久慈あきら」の初期のころの作品も掲載されています。 丸っこい絵柄の頃の剛夕作品によく似ています。 「久慈あきら」についてはまた触れることがあると思いますのでここでは省略します。

なお、剛夕先生には「幻の群盗」という同名タイトルの作品が他にありますが内容は全く違うものです。

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談別冊・時代特集1 口絵 扉絵


怪談別冊・時代特集 | TB(0) | CM(0) [ 2013/02/04 14:38 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索