fc2ブログ

≫ EDIT

【怪談41】 かげ宿る花 

昭和36年12月頃の発刊と推測されます。

<怪談41>
・町はずれに住む男(いばら美喜)
<注> 目次は「町はずれ」扉は「町はづれ」ただし、フリガナは「まちはずれ」
・かげ宿る花(小島剛夕)35P
・冬のチューリップ(落合二郎)
・母桔梗(古賀しんさく)

蔵書本を状態の良い本に差し替えました。 この号では巻頭にカラーの口絵はありません。 本文の前頁に口絵と同じ形式で一色のイラスト&説明文が掲載されています。 (剛夕作品のみ) なお、この作品は昭和42年発行の長篇大ロマン「影法師・後編」に再録されています。(「影法師・後編」も「修羅無常」の一部手を入れての再録)

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談41 怪談41(本文前のイラスト) 怪談41(扉絵)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/01/31 16:06 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索