FC2ブログ

≫ EDIT

【怪談26】 京丸牡丹 

昭和35年8月頃の発刊と推測されます。

<怪談26>
・自殺(浜慎二)
・京丸牡丹(小島剛夕)42P
・黒い蝶(古谷あきら)
・白蛇の舞い(森千秋)
・商品人間(多摩海人)

今回の更新は「怪談」、「怪談別冊時代特集」合わせて44冊という一括購入によるものです。 44冊の中でダブっていなかった作品は約四分の一。 30数冊はダブり本でした。 それでも購入に踏み切ったのは「怪談12/白い局」、「怪談26/京丸牡丹」の2作品があったからです。 特に「京丸牡丹」には『読みたい』というかなり強い願望がありました。 というのもこの作品の原案が読者投稿によるもので、剛夕先生ならびに編集部から大変高く評価されていたからです。

その後も読者から原案を募っていましたが、「京丸牡丹」を超えるものが無かったとか・・・。 題名も透明感があって綺麗ですよね。 願いが叶って嬉しかったです。 オークション形式ではなく抽選だったのですが、そのほか、一緒に希望した数冊の本は抽選に外れました。

ダブり本も蔵書本より状態もよく、少々保管時の曲り癖がついていましたがへそくりをはたいた価値はあったと自己満足しています。

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談26 怪談26(口絵) 怪談26(扉絵)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/01/19 14:29 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索