FC2ブログ

≫ EDIT

【のろいのお面】 

のろいの面
少女ブック・夏の増刊号 昭和32年 集英社
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・


昨年12月「貸本仲間の忘年会」で少女雑誌に掲載された剛夕先生の絵物語のコピーをくださるという嬉しいお約束をしていました。 実はそのコピーがだいぶ前に届いていたのですがまあ、いろいろとありまして(汗)やっと本日ご紹介させていただきます。 送付いただきましたK様、本当にありがとうございました。

作品の存在確認はとれていましたので『小島剛夕の世界』では画像なしのままリストに記載していましたが、つい先ほどサイトの更新を済ませました。 10ページの短編読みきりで絵物語というよりは劇画タッチの漫画といえます。 コマわり、吹き出し等、漫画の体裁を整えている時代物です。 

余談ながら風かをるも漫画家時代、無理を言って週刊少女フレンド増刊号に時代物を書かせていただいたことがありました。 その名も『捕物小町一番手がら!』(爆) 思いっきり剛夕先生を意識してましたね。(笑) 下の画像がその作品です。 いやぁ、自分の作品を並べて展示するなんて後にも先にもこれっきりでしょうね。 話が横道に逸れまして申し訳ありません。

一番手がら


探求日誌 | TB(0) | CM(2) [ 2012/02/23 15:52 ]
新しい記事が載ったのでこちらに書きます、あちこち飛んですみません
まずは「道中師」ありがとうございます
いくつか小島さんの作を手に取って(京都MM漫画の壁で)そんな題名だと思って繰って見て違ってがっかりしていたのは、東海道編を読んだからですね、氷解しました

「風かおる」の名前由来を初めて知りました、なんんとペンネームだったんですね、それに漫画家さんだったなんて
1958年を中心に読んでいるので1970年がぎりぎり
もう少し先まで閲覧していたら御作に出会えたわけですね、いずれ拝見したいと思います
ところで「ひとり言」の方も最新読ませてもらいました
結婚記念日は挙式の日でしょう
届けは翌日なんて普通ですよね、出産届けも遅れることしばしばなんだから(早まることはないか)
[ 2012/02/25 21:15 ] toppy [ 編集 ]
おはようございます。

サイトに伺ってtoppyさんの幅広いジャンルと読書量に感嘆しきりです。 私の場合は「小島剛夕」一人ですのでひたすら深く掘り下げるという探究方式ですが、最近になって貸本(漫画)研究をしている方々とお近づきになり、一人を探究する場合にもその周辺を知らないと全体的な位置づけができないということに遅ればせながら気づいた次第です。

何か情報がございましたらぜひご一報いただきたくお願いいたします。

話は変わりますが、「結婚記念日」について「挙式」に一票いただきありがとうございます。 ブログはときどき更新していますが、サイト『風かをるの青春時代』は表紙絵とキリ番のみの更新になっています。 一区切りついた過去の漫画家時代のサイトですのでまあ仕方がないかなといった感じですが、作品の丸ごとアップもしていますので、お時間がございましたらどうぞのぞいてみてください。
[ 2012/02/26 11:44 ] 風かをる [ 編集 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索