fc2ブログ

≫ EDIT

【臥煙者(がえんもの)】 


ごめんなすって3 臥煙者3
昭和59年3月20日発行【ごめんなすって/臥煙者・文身の意味】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

ごめんなすって5 臥煙者5
昭和59年5月20日発行【ごめんなすって/臥煙者・定火消與力 若林彌右衛門】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ごめんなすって6 臥煙者6
昭和59年6月20日発行【ごめんなすって/臥煙者・火の粉退散】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

ヤフオクで同じ出品者から3冊ゲットしました。創刊号、7月号の2冊はすでにゲットしていますので1~7号の内、2、4号の2冊が抜けています。 「ごめんなすって」という雑誌名はそもそも知りませんでした。 さて何号まで発行されたのでしょうか?

「臥煙」とは耳慣れない言葉ですが何となく火消しに関係するであろうことは想像できます。 江戸時代の消防体制は『大名火消し』、『定火消し』、『町火消し』の3つの組織があったそうでその中の旗本を頭とする『定火消し』の火消し人足を「臥煙」と呼んだそうです。

主人公「溝口伝次郎」は旗本の次男坊。 俗に言う冷や飯食いの立場です。 その伝次郎がある出来事をきっかけに武士を捨て、「臥煙者」になります。 火消し人足になってからのさまざまな人間模様を一話読切形式で連載されました。 原作者は「船越晞古」。 「昴すまる」というペンネームで『花哀記』など運命に翻弄される女性たちを描いた作品もありますがこの作品は女性とは思えないほど骨太なストーリです。

と、ここまで書いてきまして過去の探求を検索しましたら7月号ゲットの記事がありました。 こちらにあらすじが掲載されています。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2012/01/06 17:16 ]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
 カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索