FC2ブログ

≫ EDIT

【連載第26回】小島剛夕長篇大ロマン14 朝顔日記 

14 朝顔日記

(解題)
つばめ出版発行。 本編126ページ。 昭和37(1962)年6月頃に出版された。 人形浄瑠璃の「生写朝顔話」(通称は「生写朝顔日記」または「朝顔日記」)が元ネタである。 この時代物の人形浄瑠璃の主人公は宮城阿曽次郎(のちに駒沢次郎左衛門)と深雪のカップル。 この宮城阿曽次郎のモデルは、江戸時代前期の陽明学者・熊沢蕃山。 熊沢蕃山は、「近江聖人」と称えられた中江藤樹の門人であり、岡山藩池田家の藩政改革に取り組んだ人物。 人形浄瑠璃の元ネタとなったのは、蕃山の作と伝えられる小唄である。 人形浄瑠璃の知識がない人には、どうして熊沢蕃山が主人公で若き日の名前を宮城阿曽次郎というのか、さっぱりわからないだろう。 もっとも、感傷的な悲恋話は小島剛夕の得意とするところであり、基礎知識がなくても充分面白く読める。

(あらすじ)
不逞の輩から助けたのをきっかけに、宮城阿曽次郎は深雪と深い恋に落ちた。 深雪は備前岡山藩池田家の重役の娘であった。 阿曽次郎は、近江国小川村にいる陽明学者・中江藤樹の門下に入り、勉学に励む。 やがて深雪は藩主の命により父と共に岡山へ帰郷することになった。 彼女に一目会って別れを告げようと願う阿曽次郎はであったが、深雪に想いを寄せる粗暴な伊丹弥十郎が阿曽次郎の行く手を阻む。 二年後、岡山藩の藩政改革のため、中江藤樹の代理として門人の熊沢蕃山が赴任することとなった。 藩主の肝煎りで蕃山と深雪の縁談話が持ち上がる。 熊沢蕃山こそ宮城阿曽次郎その人であったが、改名の事実を知らぬ深雪は、蕃山と顔を合わす前に家出してしまう。

(補足/by風かをる)
カテゴリ『長篇大ロマン』、「朝顔日記」参照

26-asagaonikki-01.jpg 26-asagaonikki-02.jpg 26-asagaonikki-03.jpg

26-asagaonikki-04.jpg 26-asagaonikki-05.jpg 26-asagaonikki-06.jpg


≫ EDIT

愛蔵版・表紙絵の比較 

前回の閑話に記載しましたが、【子連れ狼・愛蔵版】の表紙絵を確認してみました。 以下の通りの結果を得ましたのでお知らせいたします。 愛蔵版の表紙絵は色も雰囲気も含めて、評判が良いようです。 残念ながらコンプリートできませんでした。(7、8、17巻不明)  愛蔵版12巻の表紙は雑誌版からですが、大五郎をカットしています。 愛蔵版16巻の表紙は雑誌版から大五郎、週刊誌のカラー扉絵から烈堂の画像を合成しています。 

右:愛蔵版 左:参考画像
001-a.jpg 001-b.jpg

002-a.jpg 002-b.jpg

003-a.jpg 003-b.jpg

004-a.jpg 004-b.jpg

005-a.jpg 005-b.jpg

006-a.jpg 006-b.jpg

009-a.jpg 009-b.jpg

010-a.jpg 010-b.jpg

011-a.jpg 011-b.jpg

012-a.jpg 012-b.jpg

013-a.jpg 013-b.jpg

014-a.jpg 014-b.jpg

015-a.jpg 015-b.jpg

016-a.jpg 016-b.jpg 016-c.jpg

018-a.jpg 018-c.jpg

019-a.jpg 019-b.jpg

020-a.jpg 020-b.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/23 16:06 ]

≫ EDIT

【子連れ狼】 愛蔵版 全20巻 

本日は、【子連れ狼/愛蔵版 全20巻】をリストに追加いたしました。
(画像はサイトにてご確認下さい。)
刊行にあたり、第1巻の帯に以下のような記載があります。
---------------------------
漫画界のアカデミー賞といわれる
米・『ウィル・アイズナー賞』にて
「世界の漫画家」の殿堂入りを果たし
世界中を沸かせた子連れ狼、
10年ぶりの刊行開始
---------------------------
第1巻の発行は平成23年12月10日です。 剛夕先生がお亡くなりになったのは平成12年1月5日ですから、没後10年を記念しての刊行とも言えますね。 平成25年5月10日に最終巻の第20巻が発行されています。

表紙絵は主に雑誌版の表紙絵を利用しているようです。 他には週刊誌掲載のカラー扉絵などを使用して色彩を変えたり組み合わせを変えて表紙絵としています。 サイトの掲載画像から組み合わせを探してみるのも一興かと・・・。
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/20 10:06 ]

≫ EDIT

子連れ狼 【COMIC魂】 別冊 6冊 

「主婦の友ヒットシリーズ」、発行は「はちどり」です。 一番新しい【首斬り朝右衛門】は2019年2月13日の発行です。 それ以前の5冊も隔月ぐらいで『子連れ狼』が掲載されているので今後も引き続き掲載されるのかもしれません。
----------------------------------------------
COMIC魂 別冊 子連れ狼 主婦の友ヒットシリーズ
・一殺五百両編    2018/04/12
・冥府魔道編      2018/06/14
・二河白道編      2018/08/17
・刺客街道編      2018/10/25
・乞胸お雪編      2018/12/28
・首斬り朝右衛門編  2019/02/13
----------------------------------------------
それにしても、まさに『子連れ狼』は永遠に不滅ですね。 復刻・再録を整理していてあまりの種類の多さに頭の中がグチャグチャです。(汗) もちろんその他の作品も装丁を変えて幾度となく発行されています。 少しずつ整理していきます。 更新が無い時には資料の整理を頑張っているんだと思っていただければ幸いです。

※画像はサイトにてご確認ください。
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/18 20:27 ]

≫ EDIT

【妖剣】 木枯し紋次郎(3冊) 

本日は、大都社発行【妖剣-YOKEN-】掲載『木枯らし紋次郎』をリストに加えました。 

■2015年3月25日掲載【妖剣】参照
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/16 15:21 ]

≫ EDIT

【刃-JIN-】 8冊 

引き続き小池書院発行【刃-JIN-】掲載作品をリストに加えました。 増刊号の2冊には「子連れ狼」の他に「道中師」も併せて掲載されています。

2015年3月24日掲載【刃】参照
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/15 10:19 ]

≫ EDIT

【斬鬼】 4作品 

2月12日の「閑話」でお話ししたように『再発行本(文庫本・コンビニ本等)』のリスト化を始めます。 本日は4年ほど前の探求日誌でご紹介した【斬鬼】掲載の4作品をサイトのリストに追加いたしました。 探し始めましたら、いやあすごい量です! 今まで見なかったことにしていた風かをるの気持ちがよくわかりました。(汗) でも辞書を引くとその前後の言葉を覚えるように、探し始めると思わぬ記事や文献にもぶつかって勉強になります。 三日坊主に終わらぬよう頑張ります。

2015年3月23日掲載【斬鬼】参照
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/14 14:53 ]

≫ EDIT

【連載第25回】小島剛夕長篇大ロマン13 お七狂乱  

13 お七狂乱

(解題)
つばめ出版発行。 本編126ページ。 昭和37(1962)年6月頃に出版された。 恋する気持ちが募り過ぎて放火事件を起こしてしまった八百屋お七の有名なお話を題材にした一作。 火あぶりの刑に処されたという事実を大胆に改変してハッピーエンドとしたところに、純情一途なお七への作者小島剛夕の哀れみが感じ取られる。

(あらすじ)
お七と吉三郎の出会いは、喧嘩だった。 吉三郎が亡父の仇討を断念し寺小姓となって去る時も、お七は胸の内にある淡い恋心を理解できぬまま、意地の張り合いから吉三郎と喧嘩別れをしてしまう。 月日が経つに連れて、その想いが恋であることをお七は知るようになる。 そして「振袖火事」と呼ばれる明暦の大火の日、避難所の寺でお七は吉三郎と再会する。

(補足/by風かをる)カテゴリ『長篇大ロマン』、「お七狂乱」参照

25-ositikyouran-01.jpg 25-ositikyouran-02.jpg 25-ositikyouran-03.jpg

25-ositikyouran-04.jpg 25-ositikyouran-05.jpg 25-ositikyouran-06.jpg


≫ EDIT

再発行本(文庫本・コンビニ本等)のリスト化 

これまでかなりの量の剛夕作品をリストに掲載してきましたが、ここにきて探求もかなり行き詰ってきました。 実は先生が亡くなられた今でも次々と作品が発行され続けているのです。 装丁が違っていたり、文庫本だったり、出版社が違ったり・・・多くの作品がそんな形で流通していることは承知していたのですが、なんとなくスルーしてきたと言うのが正直なところです。

心のどこかでこのままでいいのだろうかと言う思いもありました。 実際に入手するところまではいかなくともネットを調べればある程度の資料が集まりそうです。 再録本(週刊誌等)やコンビニ本を何点かリストに掲載もしています。 初期単行本にこだわってきた風かをるですがこの際なので一念発起、資料集めを始めることにしました。

今日はゴマブックスから出版されている「織田信長・上下巻」、「信長公記」、「忠臣蔵」の資料をリストにアップしました。  少しまとまった時点でリストを更新していくつもりです。 今後とも『小島剛夕の世界』をどうぞよろしくお願いいたします!
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/12 14:35 ]

≫ EDIT

LONE WOLF & CUB GALLERY EDITION 

First edition May 2018
Dark Horse Manga
A division of Dark Horse Comics,Inc.

「子連れ狼」が英語版コミックスとして出版されていたことは知っていました。 表紙を担当したのが「子連れ狼」の大ファンであるというフランク・ミラー氏です。 あのアメリカンコミックス調の個性的なイラストがすぐ浮かびます。

この画集も同じ『ダークホースコミックス社』から発行されました。 剛夕先生のお嬢様から発行予定のお知らせをいただいていましたが、どんな本なのか想像できずにいた風かをるです。

さっそくアマゾンで検索してみましたがこれが引っ掛からないのです。 画集と言えども「本」だと思い、カテゴリを「本」に絞って検索していたんですね。 アマゾンでは「本」と「洋書」は別のカテゴリだったんです。 最初から「すべて」を選択すればよかったんですけど・・・。(汗)

とにかく何とか手に入れました。 幸い日本に在庫があって注文後2日目には手元に届きました。 とにかく開けてびっくりしました。 まさに『画集』、それも『原画集』と呼ぶ方がふさわしい内容なのです。 「子連れ狼」のクライマックスの原画をこれでもかと言う迫力で惜しげもなく掲載しています。

そして、あの感動の『腕(かいな)』は全ページが掲載されています。 原寸大ですよ! 経年のヤケやホワイト、余白の注釈などもそのままスキャンされ、それは臨場感あふれる作りになっています。

英語がチンプンカンプンでも、まったくもって問題ないです。 原画と並べてコミックス版の原稿が掲載されていますが、読み進め方が日本と逆の関係でしょうか、左右反転の原稿になっていてその比較も楽しいです。

左右反転なので左手で刀を振るっているのは仕方がないですね。 反転させるとデッサンが崩れることがあります。 あまりデッサン力のない漫画家だった風かをるはそういうところは目ざといのです。 でもさすがは剛夕先生、違和感は感じません。

アマゾンでこの画集は「洋書」に掲載されていましたが、英語の書籍名がわからないと検索できません。 「小島剛夕」とか「子連れ狼」でも引っ掛かってほしいと思いました。

生原稿と全く同じとは言いませんが、剛夕先生の筆遣いがつぶさにみられるチャンスです。 興味を持たれた方はぜひ一冊お手元に置いておかれたらどうでしょうか。(興味のある方はアマゾンへ)

大分前になりますが、限定版の子連れ狼が分厚い装丁で発行されました。 この本を手に取った時に透けるように薄い紙がもう少し何とかならないかと思ったものです。 もちろん全原稿ともなればこの薄さでやっとおさまったであろうことはわかっているのですが・・・。 今回、この画集を手にしてその時のもやもやが一度に解消した思いです。 原画を見るだけでも興奮して涙が出そうになっているのに、数え切れないほど読み返したクライマックスシーンで涙ボロボロの風かをるでした。

参考に数点画像を掲載いたします。 A3までのスキャナーを持っていますが、この画集はA3に納まらず、やむなくデジカメでの画像となりました。 歪みなどご容赦ください。

lonewolf01.jpg lonewolf02.jpg lonewolf07.jpg

lonewolf08.jpg

lonewolf09.jpg
 


英語は大の苦手なのですが、チャプター(章)の英訳を翻訳サイトで直訳して実際のどの章にあたるのか調べるのは楽しかったです。

以下参考
----------------------------------------------
From Chapter 106, “Fragrance of Death”
From Chapter 110, “Heaven and Earth”
From Chapter 114, “The Day of Meeting”
From Chapter 115, “Death in the Moonlight”
From Chapter 116, “Silent Snow”
From Chapter 117, “Child of the Fields”
From Chapter 119, “Kai Triumphant”
From Chapter 120, “The Last Cherry Blossoms”
From Chapter 121, “Stone Upon stone”
From Chapter 122, “Perhaps in Death”
From Chapter 124, “Tales of the Grass:Nakodera Busho”
From Chapter 125, “Tales of the Grass:A day Like Any Other”
From Chapter 127, “By His Own Hand”
From Chapter 130, “Sons of the spirit”
From Chapter 131, “Great Reversals”
From Chapter 132, “Scarlet Summer,silver Fall”
From Chapter 133, “To Protect and Defend”
From Chapter 134, “For Whom to Die”
From Chapter 135, “Way of the Warrior,Way of Man”
From Chapter 136, “Battle's Eve”
From Chapter 137, “Grass That Never Flowers”
From Chapter 139, “Flute and Wave”
From Chapter 140, “The Lotus Throne”
From Chapter 141, “Empty stirrups”
----------
CHAPTER 142 ARMS

「」内は翻訳サイトでの直訳、()内は実際の題名です。
-----------------------------------------------------------
第106章「死の香り」 (香りを着て)                
第110章「天と地」 (天と地と)
第114章「会議の日」 (そして相目見ゆる日)
第115章「月明かりの死」 (月下の死闘)
第116章「静かな雪」 (風やんで雪)
第117章「畑の子」 (昿野の子)
第119章「凱旋」 (怪異快哉)
第120章「最後の桜」 (残り花)
第121章「石の上の石」 (石積みの中で)
第122章「恐らく死に」 (あるいは死参)
第124章「草の物語:なかでら武将」 (奔草記 名古寺無生の場合)
第125章「草の物語:他の人と同じように一日」 (奔草記 今日もつつがなく)
第127章「自分の手によって」 (その手に)
第130章「霊の子」 (留魂譜)
第131章「大逆転」 (大逆転)
第132章「緋色の夏、銀の秋」 (朱夏麦秋)
第133章「保護し守る」 (守りて候)
第134章「誰が死ぬのか」 (誰が為に枯るる)
第135章「戦士の道、人の道」 (士道はた私道)
第136章「戦いの前夜」 (前夜)
第137章「決して咲かない草」 (花咲かぬ草なればこそ)
第139章「フルートと波」 (波と笛と)
第140章「蓮の玉」 (半座)
第141章「空のあぶみ」 (鐙をはずして)
----------
第142章「ARMS」 (腕)
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/10 14:39 ]
 カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索