FC2ブログ

≫ EDIT

【連載第19回】小島剛夕長篇大ロマン7 阿波の踊り子 

7 阿波の踊り子

(解題)
つばめ出版発行。 本編128ページ。 昭和36(1961)年11月頃に出版された。 背表紙にのみ「怪談」の二文字が印刷されている。 典型的な仇討もので、ルーチンワークの娯楽作品と言えるが、阿波徳島の風俗文化を物語の設定に上手く取り込んでいる点は評価できる。

(あらすじ)
阿波藩でのお話。 家老堀田外記は、廻船問屋網屋茂兵ヱに抜け荷の濡れ衣を着せて妻もろとも処刑し、その財産を没収という名目で全て横領する。 ただ一人残された網屋の息子新太郎は、剣の腕を磨き、仇である堀田外記の命を狙っていた。 だが、ある日、旅芸人の一座にいるお鈴と出会い、新太郎の一念に乱れが生じる。

(補足/by風かをる)カテゴリ『長篇大ロマン』、「阿波の踊り子」参照

19-awanoodoriko-01.jpg 19-awanoodoriko-02.jpg 19-awanoodoriko-03.jpg

19-awanoodoriko-04.jpg 19-awanoodoriko-05.jpg 19-awanoodoriko-06.jpg


 カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索