FC2ブログ

≫ EDIT

【連載第18回】小島剛夕長篇大ロマン6 濡れ髪草紙 

6 濡れ髪草紙

(解題)
つばめ出版発行。 本編128ページ。 昭和36(1961)年10月頃に出版された。 表紙・背表紙ともに「怪談」と記載されているが、「増刊」の二文字は無くなった。 哀愁に満ちた悲恋もの。 岡本綺堂の名作戯曲「番町皿屋敷」と河竹黙阿弥の歌舞伎「極付幡隨長兵衛」が元ネタになっている。 新味のない題材であるが、小島は情感たっぷりに描き切った。

(あらすじ)
若い旗本達が「白柄組」と名乗って徒党を組み、江戸市中で無頼の限りを尽していた。 二千石の跡取り青山播磨も一味の一人であったが、美しい娘お菊に恋情を抱くようになって、自分のこれまでの行状に疑念を抱くようになる。 しかし、播磨は、ある夜、お菊に想いを寄せる井吹三平に襲われ、彼を図らずも斬ってしまう。 その瞬間から、播磨の周囲に不吉な影が漂う。 青山家の用人・佐仲は、播磨と若年寄の娘との縁談をまとめるべく、播磨とお菊の仲を裂こうと一計を案じ、お菊に播磨の縁談話をわざと教える。 お菊は播磨の心を試すために、青山家の宝である家康公より拝領の皿を割る。 播磨が本当に自分を愛しているのなら、先祖伝来の皿を壊しても手討ちにしないだろうと…。

(補足/by風かをる)カテゴリ『長篇大ロマン』、「濡れ髪草紙」参照

18-nuregamizousi-01.jpg 18-nuregamizousi-02.jpg 18-nuregamizousi-03.jpg

18-nuregamizousi-04.jpg 18-nuregamizousi-05.jpg 18-nuregamizousi-06.jpg


≫ EDIT

【連載第17回】小島剛夕長篇大ロマン5 落花の舞 

5 落花の舞

(解題)
つばめ出版発行。 本編128ページ。 昭和36(1961)年9月頃に短編誌『怪談』の増刊として出版された。 小島剛夕お得意の幕末もの。 「小島剛夕長篇大ロマン」シリーズにおいて、この『落花の舞』を始め、幕末から明治初期を舞台にした作品は、十を超える。 戦国時代と同様に、大きな時代の転換期に人生を振り回される人々の姿は、悲劇の題材として取り上げやすいのだろう。 ここでも剣戟の巷京都から会津若松での戦いまで争乱に巻き込まれ引き裂かれる男女の愛が哀切を込めて描かれる。

(あらすじ)
時は幕末。 勤王佐幕の血風吹き荒れる京都。 祇園祭の宵山の日に、会津浪人仁礼新八郎と旅籠・池田屋の娘お園は出会った。 新八郎は、新選組隊士である兄銀之丞の後を追って京都に来たのだった。 池田屋に客として出入りする長州藩の桂小五郎は、新撰組に入隊しようと考える新八郎に、来るべき日本の未来のために学問を修めることを勧める。 長崎留学を決意した新八郎は、三年後の宵山の日に再会することをお園に約束して旅立つ。 だが、三年後の宵山の日は、あの池田屋事件の当日であった。

(補足/by風かをる)カテゴリ『長篇大ロマン』、「落花の舞」参照

17-rakkanomai-01.jpg 17-rakkanomai-002.jpg 17-rakkanomai-03.jpg

17-rakkanomai-04.jpg 17-rakkanomai-05.jpg 17-rakkanomai-06.jpg


 カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索