≫ EDIT

【花のかおりに】 

コミックmagazine7月23日号 花のかおりに
コミックmagazine 7月23日号【花のかおりに】
----------------------------------

蘭の花の香りに導かれ心を通わせた男と夕姫。 戦乱の世が二人を引き離し、6年の歳月を経て男が都に戻った時、夕姫の消息は知れなかった。 探しあぐねてたたずむ男の目にうらぶれた女の姿。 誘われるままに後をついていくと懐かしい見なれた破れ塀が・・・! そこに待つはまぎれもなく探し続けた夕姫だった。

芳しい蘭の花のかおりにつつまれて再会の喜びに浸るもつかの間。 夢から覚めた男の目に映ったのはあのうらぶれた女の命果てた姿。 ただひたすらに恋しい男を待ち続け、夢現の中に男との逢瀬を果たし命果てたのか。 大事に持っていた小箱の中の枯れ果てた蘭の花・・・。 乱世に散った哀しい恋物語。

この作品の元になっているのは『怪談72』に掲載された同じ題名の【花のかおりに】です。 なお、この作品は『オール怪談84』にも再録されています。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2010/07/04 14:47 ]

≫ EDIT

【黒髪奇談】 

ヤングコミック4月23日号 黒髪奇談
ヤングコミック 昭和43年4月23日号【黒髪奇談】
----------------------------------

男の妻は心も姿も美しく、また見事な黒髪の持ち主だった。 ある日、貧しくも愛に満ちた生活に波紋が広がった。 男は都から来ていた関白の娘に気に入られ妻を捨てて姫と都へ行ってしまったのだ。 育ち境遇の違いはいかんともしがたく日々、針のむしろに座っている心地の男・・・。 やるせなさに館を出てさまよっているうちにいつの間にか妻と暮した家に・・・。 そしてそこには・・・!

結果は男の邪心が見せた夢物語で、夢から覚めた男は妻と元通りの生活に戻ります。 元の作品は『怪談77』に掲載された【黒髪】です。 雑誌に進出し始めたころ、貸本時代の作品を数多く書きなおしています。
 
探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2010/07/03 17:06 ]

≫ EDIT

【小島剛夕の世界】更新いたしました。 

本日またまたサイトを更新いたしました。 5月30日の【閑話】で思わせぶりなお知らせをいたしましたが、、種を明かしますと、またおひとりリスト作成の強力な助っ人が現れたのです♪ 密書よりご連絡をいただき、このほど剛夕作品の切抜きをお譲りいただきました。 貸本との関連作品、子連れ狼の記念すべき第一回の作品等々、大変貴重な資料です。

作品ご紹介の更新は済ませましたが、まだ表紙絵の部屋などの手直しが残っています。 急にサイト&探求日誌がにぎわいを見せ始め、嬉しい悲鳴の風かをるです。

マンチュウ様よりいただきました画像説明もまだまだ残っています。 これから今回の作品と併せてゆっくりと説明文をいれながら更新していこうと思います。

今回の作品をお譲りいただきましたM・F様、心より御礼申し上げます。

(7月に入りサイトのカットも「夕顔」に変更いたしました。)

閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2010/07/02 17:57 ]
 カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索