≫ EDIT

サーバー障害 

ガレージセールなどで忙しくしている間にこのブログの「88サーバー」で不具合が起こっていたようです。30日にブログを更新したピノコさんから連絡が入り初めて知りました。風かをるは更新はしていなかったのでトップページでは見ることができるブログも実は管理ページに入ってみれば15日~19日にアップした3件の内容がきれいさっぱり消えていました。

幸いわずかの件数で、バックアップもとってあったので早速アップしなおしました。あくまでも過去の日付でアップしましたので、この新しい記事を今日の日付で更新したら・・・ウ~ン、また消えてしまうのでしょうか?ちょっと怖いです。障害情報によれば復旧はしているらしいのですが、とにかく試してみなければわかりません。過去のブログ、毎日毎日更新していたピノコさんに比べればもう一度やりなおすことなどどうってことないですね。(汗)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

どうやら不具合は修正されているようです。しかし消えた記事は戻らないんですよね。風かをるの場合もとても貴重な資料ですので消えてなくなったら立ち直れそうもありません。少々面倒であってもバックアップを取っておいて本当に良かったと思います。

閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/30 21:02 ]

≫ EDIT

長編コミック傑作集【薄墨主水地獄帖】総集編 

usuzumi2.jpg jyasei3.jpg
昭和46年8月4日号
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

まんだらけ通販でゲットした【薄墨主水地獄帖】総集編の第2集です。この本に納められている『蛇性の淫』掲載の雑誌はまだ探求中です。

さて、本日9月19日は『小島剛夕の世界』が『風かをるの青春時代』から独立し、完全リニューアルを果たした記念すべき日です。あれからすでに3年の歳月が流れました。ピノコさんに叱咤激励されながらひたすら引越しに精を出していた日がまるで昨日のことのように思い出されます。

多くの方々のご協力で今日まで頑張って来ることができました。ピノコさんには『小島剛夕の世界』だけでなく当ブログの設定でも大変お世話になりました。亀の歩であってもとにかく一歩ずつ前に進んでいると思います。過程を楽しみながら何処にあるかわからない終着駅を目指す旅を続けていきます。

今後とも当サイトをどうぞ応援してください!

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/19 22:25 ]

≫ EDIT

ヤングコミック【血ざくら獅子】 

611.jpg tizakura.jpg
昭和43年6月11日号
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

マンチュウ様よりいただきました作品(コピー)が一段落いたしましたので今日は『まんだらけ通販』でゲットした作品をご紹介いたします。

なお、「ヤングコミック/S43・7月9日号」、同じく「ヤングコミック/S43・9月10日号」の2冊は「作品コピー所有」という注釈つきで、すでに画像を展示してありましたので注釈を外させていただきました。

さて、ヤングコミック掲載の【血ざくら獅子】ですが、これは貸本時代の「怪談67」に同じ題名で掲載された作品の書き直しです。内容、コマワリなどほぼ同じです。そしてヤングコミック掲載作品には「小島剛夕」という名は無く、「小島剛夕プロ作品/作画協力・西村つや子」とあります。

驚くほど剛夕先生に似た絵をお描きになる「西村つや子」さんはこの頃には代作もできるほどの技量をお持ちだったのかもしれません。昭和43年といえばまだ私は趣味で描いていた漫画を「別マ少女まんがスクール」などに投稿していた頃ですね。昭和43年5月号で金賞をいただきデビューは翌年4月号です。思わず私事を書いてしまいましたが、「西村つや子」さんのことは本当に羨ましく思っている風かをるです。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/18 17:27 ]

≫ EDIT

別冊漫画アクション【元禄花見踊り】 

betuaku1114.jpg genrokuhanami.jpg
昭和45年11月14日号 剛夕忠臣蔵・第六話
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

昭和45年8月に【紅だすき素浪人】から始まった「剛夕忠臣蔵シリーズ」は【若衆しぐれ】、【元禄花見踊り】、【さむらい雪化粧】と、4作品が別冊アクションで発表されていきます。言うまでも無くこれらの作品は貸本時代の『長編大ロマンシリーズ』で発表された作品です。

『長編大ロマン』では純愛忠臣蔵シリーズとして①【お軽と勘平】、②【紅だすき素浪人】、③【忍法赤穂城】、④【若衆しぐれ】、⑤【元禄花見踊り】、⑥【さむらい雪化粧】の6作品が発行されました。

このうちの4作品が「剛夕忠臣蔵」として掲載されたわけですが実は昭和43年10月に【忍法赤穂城】が【おぼろ忠臣蔵】として発表されています。これは「忠臣蔵」としてのカラーよりも「忍者」としてのカラーを選んだ結果でしょうか。もっとも『長編大ロマン/純愛忠臣蔵』の中でも【忍法赤穂城】は異質な感じがしたことは確かです。この作品を別冊アクションに掲載したことが後に「剛夕忠臣蔵」が書き直されるきっかけになったのかもしれません。

これらの「剛夕忠臣蔵」は平成10年12月に文庫本にまとめられています。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/15 13:50 ]

≫ EDIT

漫画ゴラク【斬殺者】 

127.jpg zansatu127.jpg
昭和47年1月27日 【煉獄の章(8)淫獣妄執】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
23.jpg zansatu23.jpg
昭和47年2月3日 【煉獄の章(9)馬上両魔王】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

今日のご紹介は『週刊漫画ゴラク』に連載された衝撃の宮本武蔵像、【斬殺者】2編です。(作品コピー提供・マンチュウ様)原作は「梶原一騎」。サイトに単行本(オリジナル版)全4巻も展示しています。また昨日ご紹介の【土忍記】2編と本日の【斬殺者】2編も併せて更新いたしました。

追記:『週刊漫画ゴラク』昭和46年12月30日号について
サイトには「画像のみ」として作品を掲載していますが、現在ご紹介しているコピーと一緒に雑誌本体をお送りいただきました。ダブリ本ということですが貴重な雑誌をありがとうございました。早速サイトの「画像のみ」の注釈を外させていただきました。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/12 16:02 ]

≫ EDIT

コミックmagazine【土忍記】 

114.jpg aoituki.jpg
昭和44年1月14日新春特大号 【土忍記/青い月】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
128.jpg uetaoni.jpg
昭和44年1月28日新年お年玉号 【土忍記/飢えた鬼】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

引き続き「コミックmagazine」2冊のご紹介です。やはりマンチュウ様よりコピーを頂戴したものです。(多謝!)この「土忍記」という作品につきましては後日「閑話」にて詳しく触れたいと思っています。

遅くなりましたが、サイトの方も9月9日ご紹介の「コミックmagazine」3冊更新いたしました。また「土忍記」の表紙絵も近日中に追加の予定です。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/11 11:46 ]

≫ EDIT

コミックmagazine【薄墨主水地獄帖】 

78.jpg kujyakuyasiki.jpg
昭和44年7月8日初夏DELUX号 【薄墨主水地獄帖/孔雀屋敷】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
1111.jpg bussinnnooni.jpg
昭和44年11月11日号 【薄墨主水地獄帖/佛心の鬼】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
1223.jpg moyanoonnna.jpg
昭和44年12月23日Xマス特大号 【薄墨主水地獄帖/靄の女】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

マンチュウ様より本文コピー並びに表紙画像をいただきました。「閑話」にてご紹介いたしました「薄墨主水」が活躍する読み切り(前後編あり)不規則連載ものです。これで全23話のうち20話が揃いました。

この作品は2冊の総集編が発行されています。1冊はすでに蔵書として展示(S46/2/1)していますが、2冊目を『まんだらけ通販』でゲットしました。(ほかに、「ヤングコミック」3冊入手)順番にご紹介していきたいと思います。

探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/09 15:51 ]

≫ EDIT

【薄墨主水】 

昭和40年の発刊と推測される『怪談80』に【蛇眼】という題名の短編が掲載されています。以下はそのあらすじです。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

主人公の名は「薄墨主水」。気が弱く家老の息子によくいじめられていた過去を持つ主水は、あるとき蛇に見込まれた蛙が動けなくなる様を見て、自分こそ蛇になろうと思いつめる。そして蛇とのにらみ合いに打ち勝ったとき不思議な力が主水の目に宿る。以来、主水の目と目を合わせた剣客はその妖気にことごとく討ち取られていった。その主水を父と許婚の仇としてねらう娘がいた。やがて主水の妖剣がその目に宿る妖気のためと知った娘は主水の目から妖気を取り払うべく鏡を使い己の目の妖気に打ち勝つよう主水を説得する。鏡の中の己の目と対峙した主水は気力が極限に至ったとき一刀の元に鏡を断ち割る。その瞬間主水の目は確かに元に戻った。・・・が、同時に主水の命は・・・。思わぬ成り行きに主水の名を叫ぶ娘。ふと割れた鏡に目をやったとき・・・!娘の目が怪しく光った。そう・・・!鏡に残った怪しい力は娘に・・・。

閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2007/09/04 22:22 ]
 カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索