FC2ブログ

≫ EDIT

【漫画図書館青虫】行-顛末記 

マンチュウさんから『漫画図書館青虫』のお話を伺い、たくさんの画像をいただいてから、密かに期するところがありました。それは年二回、恒例になっているピノコさんの実家への里帰りを利用して二人で『青虫』へ出かけるといことでした。ピノコさんと知り合ったそもそものきっかけは『小島剛夕の世界』です。ピノコさんも『青虫』に大きな関心と期待を持っていたのです。

かなり遠方に住んでいるピノコさんですが、話はトントン拍子に進み・・・。いや、実際はいろいろとありました。目的地までの交通がかなり大きなネックになったのです。なにしろ『青虫』のある只見駅へ行く只見線が一日に4~5本しかないのです。現地に1泊、ピノコさんは実家からの帰りにビジネスホテルに1泊、さらにわが家に1泊という予定で何とか『青虫』で十分な時間が取れるという計算でした。

旅館も予約し、いよいよ『青虫』の館長さんに前もってご連絡をしようとメールを書き始めたとき・・・!二階から長女が駆け下りてきました。「柏崎が大変なことになってる!」その直後、私の実家からも電話がありわが家はちょっとしたパニックになりました。

パソコンを開ける前に嫌な揺れが長く続いていたのですが、まさか震源地が柏崎だとは想像もしていませんでした。

閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2007/07/19 23:52 ]
 カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索