FC2ブログ

≫ EDIT

諏訪栄&小島剛石 

小島剛夕先生は、昭和3年(1928年)11月3日(手塚治虫先生と同じ年月日)に三重県四日市市に生まれました。昭和25年に故郷を後に上京し、まず紙芝居作家となります。映画の看板なども手がけていたようです。やがて昭和33年頃から貸本用単行本で活躍するようになります。「小島剛夕」はペンネームのような名前ですが本名です。(読みは「こじまごうせき」)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
別冊おもしろブック  明月さった峠
隠密秘帖 明月さった峠 【高垣眸・作 小島剛夕・え】
集英社 昭和31年7月15日発行 別冊おもしろブック・第1号
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

貸本作家として活躍する前に「おもしろブック」、「幼年ブック」、「少年クラブ」などの月刊誌に絵物語を掲載していました。この頃の絵柄を見るとまさにチャンバラ時代劇で、東映のスターなどの面影に似た登場人物が活躍しています。この頃は月刊誌にも「小島剛夕」として作品を発表していましたが、やがて貸本界のドル箱的存在となり、ひばり書房と専属契約を結んだのです。

貸本単行本の世界で一世を風靡しましたが、やがて貸本業界も時代の流れで衰退して行き、剛夕先生のもとへコミック誌などから誘いの手が伸びるようになりました。当然専属の身ですから他社に掲載することはおおっぴらにはできません。

閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2007/02/28 18:08 ]
 カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索