≫ EDIT

【怪談52】月の壺坂寺 

妻は夫いたわりつ、夫は妻を慕いつつ~頃は六月なかの頃ぉ~・・・突然すみません。 風かをるは小さいころよくラジオで浪曲を聞いていました。 我が家にテレビが来たのは世間よりだいぶ遅かったんですねぇ。 で、ラジオで大相撲中継や浪曲、歌舞伎中継をよく聴いていました。 もちろんダイヤルを合わせていたのは両親だと思いますが。

そういう環境だったので、耳で聴いて想像力を膨らませるという力が養われたのかもしれません。 これは本を読んで場面を頭の中で描いたりするのと同じです。 後年、漫画家になってストーリーを創ったり原稿用紙の上で絵にするという作業にずいぶんと役だったのではないかと思います。

話がだいぶ脱線しましたが、小さいころ聴いていたこの「壺坂霊験記」、小学生の低学年ではセリフの意味なんか分かっちゃいません。 でも幼心にこのセリフはとても変だと思っていました。 普通なら夫が妻をいたわって妻が夫を慕うのでは・・・。 それがもう少し長じて貸本屋さんで借りた「怪談52」の【月の壺坂寺】を読んで意味が分かったんです。 ああ、旦那さんは目が不自由だったんだと。

今はよく知りませんが、昔は漫画本が役に立つことっていっぱいありました。 漢字もことわざも格言も結構学びましたし、歌舞伎や狂言、はては能などの初歩的入門は漫画で済ませたような。(笑) もちろん正しい知識としてきちんと整理整頓して頭の中へ入ったのはさらに大きくなってからのことですが。

話を戻します。 今回は【怪談52】掲載の「月の壺坂寺」のご紹介です。 ウェブで検索すると「壺」は「壷」と出ますが、この作品は「壺」と表記されています。 昭和37年頃の作品と推測されますが、昭和41年頃に【怪談93】に再掲載されています。 【怪談52】ではカラーの口絵がついていますが【怪談93】ではカットされています。 ただし原稿は同じものを使用しています。

◇画像クリックで大きい画像をご覧いただけます◇

怪談52 月の壺坂寺・口絵
怪談52・月の壺坂寺(昭和37年頃の発行と推測)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
怪談93 月の壺坂寺・扉
怪談93・月の壺坂寺(昭和41年頃の発行と推測)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2014/02/21 10:05 ]

≫ EDIT

【怪談46】 雪の花 

昭和37年5月頃の発刊と思われます。

<怪談46>

・パピロのつぼ(いばら美喜)
・雪の花(小島剛夕)
・父さんを許して(落合二郎)
・うろうろきょろきょろ(北風三平)


怪談46 怪談46-扉絵 怪談46-口絵


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/02/05 23:17 ]

≫ EDIT

【怪談45】 浦島 

昭和37年4月頃の発刊と思われます。

<怪談45>

・一ぱいの水(いばら美喜)
・浦島(小島剛夕)
・夜霧の誓い(落合二郎)
・白骨選手(北風三平)


怪談45 怪談45-扉絵 怪談45-口絵


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/02/04 23:11 ]

≫ EDIT

【怪談44】 浅茅が宿 

昭和37年3月頃の発刊と推測されます。

<怪談44>
・カチエ島から(いばら美喜)
・浅茅が宿:雨月物語より(小島剛夕)33P
・野良犬(北風三平)
・藁人形(落合二郎)

蔵書本。 この本は購入本の方がカバ欠他、傷みが多くありました。 目次タイトルは「浅茅が宿」。 本文には「雨月物語より」とあります。 上田秋成の『雨月物語』から題材を求めたものです。

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談44 怪談44(口絵) 怪談44(扉絵)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/02/03 10:09 ]

≫ EDIT

【怪談43】 春の淡雪 

昭和37年2月頃の発刊と推測されます。

<怪談43>
・良心(いばら美喜)
・春の淡雪(小島剛夕)33P
・蛇と拳銃と人間が・・・(北風三平)
・黒い燕尾服(落合二郎)

蔵書本を状態の良い本と差し替えました。 この号から定価が170円に上がっています。 価格をアップしたからでしょうか、カラー口絵が復活しています。 「春の淡雪」の主人公は「梅八・梅次郎」、名前を少々変えていますが設定は「鶴八・鶴次郎」からとっていると思います。 掲載誌が【怪談】ですから、落ちは怪談話になっています。

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談43 怪談43(口絵) 怪談43(扉絵)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/02/02 10:42 ]

≫ EDIT

【怪談42】 花の命は短くて 

昭和37年1月頃の発刊と推測されます。

<怪談42>
・くたびれ儲け(いばら美喜)
・花の命は短くて(小島剛夕)31P
・虎を食う男(北風三平)
・お母ちゃんどこにいるの(古賀しんさく)

蔵書本を状態の良い本に差し替えました。 この作品は平家物語に語られる「滝口入道と横笛」の悲恋を下敷きにしていると思われます。 なお、41号と同じく、カラー口絵の掲載はありません。 本文前のページに説明文の入ったイラストが掲載されています。(剛夕作品のみ)

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談42 怪談42(本文前のイラスト) 怪談42(扉絵)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/02/01 09:44 ]

≫ EDIT

【怪談41】 かげ宿る花 

昭和36年12月頃の発刊と推測されます。

<怪談41>
・町はずれに住む男(いばら美喜)
<注> 目次は「町はずれ」扉は「町はづれ」ただし、フリガナは「まちはずれ」
・かげ宿る花(小島剛夕)35P
・冬のチューリップ(落合二郎)
・母桔梗(古賀しんさく)

蔵書本を状態の良い本に差し替えました。 この号では巻頭にカラーの口絵はありません。 本文の前頁に口絵と同じ形式で一色のイラスト&説明文が掲載されています。 (剛夕作品のみ) なお、この作品は昭和42年発行の長編大ロマン「影法師・後編」に再録されています。(「影法師・後編」も「修羅無常」の一部手を入れての再録)

※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。
※あらすじは後日に掲載予定です。


怪談41 怪談41(本文前のイラスト) 怪談41(扉絵)


怪談 | TB(0) | CM(0) [ 2013/01/31 16:06 ]
 カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長編大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索