FC2ブログ

≫ EDIT

小島剛夕 ミュージアム・グッズのご紹介 

小島剛夕先生のお嬢様から『横手市増田 まんが美術館/ミュージアム・ショップ』で販売されているグッズを送っていただきました。 ポスター、ポストカード、クリアファイル、マスキングテープ等々。 原画を基に製作されたグッズは臨場感にあふれています。 特にポスターはその大きさもさることながら筆遣いの迫力に圧倒されます。 (一番目の画像でポスター、ポストカード、クリアファイルの大きさの比較ができます。) 個々の品々については元画像との比較もお楽しみいただけるよう、所有している画像と並べてみました。 

グッズの大きさの比較ができます。
00gouseki-goods3.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
↓左側の画像がグッズです。(漫画ゴラク表紙絵ポスターは比較画像なし。)↓
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
クリアファイル:沖田総司
01okitasousi-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
クリアファイル:漫画ゴラク表紙絵
02goraku-hyousie-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポスター:別冊漫画アクション表紙絵
03action-hyousie-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポスター:漫画ゴラク表紙絵
04p-goraku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポストカード:子連れ狼(半畳壱畳弐合半)
05action-kodure-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポストカード:小学六年生(天かける竜馬)
06amakakeruryouma-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポストカード:童あそび(大五郎)
07warabe-daigorou-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポストカード:童あそび(かまくら)
08warabe-kamakura-hikaku.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
ポストカード:武田信玄 右はポストカードの裏面
09takedasingen-hikaku.jpg  11card-ura.jpg
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
マスキングテープ(大五郎・百面相)
10tape.jpg


まんが美術館では今後、小島剛夕特別展が予定されているそうなので今から楽しみにしている風かをるです。
※サイトの更新も済ませました。 サイトにもぜひお立ち寄りください。
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/09/18 21:00 ]

≫ EDIT

横手市増田まんが美術館・リニューアルオープン 

1995年10月21日にオープンした「増田町まんが美術館」が『横手市増田まんが美術館』(以下、『まんが美術館』)として令和元年5月1日リニューアルオープンしました。 2017年4月よりリニューアルのため休館中ということは知っていましたが、雑事にまぎれてオープン日を見逃していました。

そんな折、リニューアルの式典に参列された剛夕先生のお嬢様から『まんが美術館』リニューアルセレモニーの詳細を記したお手紙と資料を頂戴いたしました。(式典には剛夕先生の奥様も参列。)

『まんが美術館』についてはサイトをご覧いただくとして、一番すごいと思ったことは「原画所蔵枚数日本一」というところです。 <読者と作者が、原画で向き合う>という惹句に納得です。 そして「マンガ原画の収蔵」とその「アーカイブ化」に真正面から取り組んでおられるのが名誉館長でもある矢口高雄先生です。 

「マンガ原稿」の散逸や劣化を防ぐためにく里中満智子先生をはじめとして大勢の先生方が大変な努力をされているということは知っていましたが、どうやって形になるのか風かをるには想像すらつきませんでした。

剛夕先生の原稿は奥様が管理されていたようですがあの膨大なページ数です。 たった数年「マンガ家」だった風かをるの原稿ですら重いし、かさばるし保管に骨が折れます。(苦笑)  お嬢様のお話ではすでに62000枚の原稿が『まんが美術館』に預けられているそうです。 美術館の中で最多の枚数で、スキャン&デジタル化には数年かかるということです。

『まんが美術館』では実際に作業の様子がガラス越しに見学できると案内されています。 また、スキャンされた原画をタブレット等で呼び出し、拡大・縮小して鑑賞したり、一話ごとに原画で漫画を読むことができる装置など展示も充実しているそうでマンガ好きにはたまらないですね。

この先、剛夕先生の企画展も予定されているとお聞きしています。 場所的には少しばかり遠いところではありますが、剛夕先生の原画に会うために、今から楽しみにしている風かをるです。

※『小島剛夕の世界』の「トップメニュー」に『横手市増田まんが美術館』のURLを貼らせていただきました。

---------------------------------------------
<読者と作者が、原画で向き合う>
横手市増田まんが美術館(YOKOTE MASUDA MANGA MUSEUM)

住所:〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字新町285
TEL:0182-45-5569
FAX:0182-45-5570
URL:manga-museum.com

【開館時間】 10:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日】  第3火曜日(祝日の場合は翌日)
【入場料】  無料(特別企画展は有料)
【特別企画展観覧料】 詳細は『まんが美術館』でご覧ください

masuda01.jpg masuda02.jpg

masuda03.jpg masuda04.jpg

masuda05.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/05/20 14:08 ]

≫ EDIT

【首斬り朝】表紙絵の比較 

『漫画アクション』で剛夕先生と同時期活躍されていたモンキー・パンチ先生そして【子連れ狼】をはじめとして数々の作品でコンビを組まれた小池一夫先生が亡くなられました。 遅ればせながらここに謹んで哀悼の意を表します。 
------------
【首斬り朝】が初めて単行本化されたのは講談社から発行された全10巻です。(昭和47~51年) 愛蔵版の表紙絵もここからの画像だと考えていたのですが・・・。 当てはまったのは第4巻(赤手の章)の表紙絵1枚と第1巻(刀哭の章)のカラー扉絵1枚の計2枚でした。 それでもどこかで見かけた構図だと思い、パソコン内の画像フォルダを探しまくりました。 ありましたよ~! 小島剛夕先生の原画展「この一枚のために」の会場で求めた額入りのカード3枚。 実物はピノコさんへ贈っていますので手元にないのですがバッチリ画像を保存していました。 (残念ながら全巻の画像を揃えることはできませんでした。)

gaku-asa-1-a.jpg

aizou01.jpg aizou01-a.jpg

aizou02.jpg aizou02-a.jpg

aizou05.jpg aizou05-a.jpg

aizou06.jpg aizou06-a.jpg

aizou08.jpg aizou08-a.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/04/21 14:54 ]

≫ EDIT

【首斬り朝】 愛蔵版 全8巻 

「平成24年8月~平成25年3月」に、小池書院から発行された【首斬り朝/愛蔵版】(全8巻)を更新しました。 この本の表紙絵にも見覚えがありますので近日中に表紙絵の比較画像をアップしたいと思います。 とにもかくにもいろいろな形で剛夕作品が再発行されていて頭の中が整理しきれていない風かをるです。(汗) ※画像はサイトでご確認下さい。
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/04/10 15:39 ]

≫ EDIT

【半蔵の門】表紙絵の比較 

先日お知らせした【半蔵の門】(KSポケッツ)と昭和55年より順次発行された【半蔵の門・全19巻】の表紙絵を比べてみました。 服部半蔵のさまざまな動きを描いたものですが、拡大、トリミングはもちろん角度を変えたり左右を反転させたりして使用しているのがわかります。 8巻が左右反転で、刀を左手で握っています。 特に違和感は感じません。 (2月10日の探求日誌でご紹介した英語版の画集も反転画像で刀を左手で握っていました。) 愛蔵版の子連れ狼の表紙絵もそうですが統一感があって迫力がある装丁になっていると思います。

01-a.jpg 01-b.jpg

02-a.jpg 02-b.jpg

03-a.jpg 03-b.jpg

04-a.jpg 04-b.jpg

05-a.jpg 05-b.jpg

06-a.jpg 06-b.jpg

07-a.jpg 07-b.jpg

08-a.jpg 08-b.jpg

09-a.jpg 09-b.jpg

10-a.jpg 10-b.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/03/14 10:35 ]

≫ EDIT

愛蔵版・表紙絵の比較 

前回の閑話に記載しましたが、【子連れ狼・愛蔵版】の表紙絵を確認してみました。 以下の通りの結果を得ましたのでお知らせいたします。 愛蔵版の表紙絵は色も雰囲気も含めて、評判が良いようです。 残念ながらコンプリートできませんでした。(7、8、17巻不明)  愛蔵版12巻の表紙は雑誌版からですが、大五郎をカットしています。 愛蔵版16巻の表紙は雑誌版から大五郎、週刊誌のカラー扉絵から烈堂の画像を合成しています。 

右:愛蔵版 左:参考画像
001-a.jpg 001-b.jpg

002-a.jpg 002-b.jpg

003-a.jpg 003-b.jpg

004-a.jpg 004-b.jpg

005-a.jpg 005-b.jpg

006-a.jpg 006-b.jpg

009-a.jpg 009-b.jpg

010-a.jpg 010-b.jpg

011-a.jpg 011-b.jpg

012-a.jpg 012-b.jpg

013-a.jpg 013-b.jpg

014-a.jpg 014-b.jpg

015-a.jpg 015-b.jpg

016-a.jpg 016-b.jpg 016-c.jpg

018-a.jpg 018-c.jpg

019-a.jpg 019-b.jpg

020-a.jpg 020-b.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/23 16:06 ]

≫ EDIT

再発行本(文庫本・コンビニ本等)のリスト化 

これまでかなりの量の剛夕作品をリストに掲載してきましたが、ここにきて探求もかなり行き詰ってきました。 実は先生が亡くなられた今でも次々と作品が発行され続けているのです。 装丁が違っていたり、文庫本だったり、出版社が違ったり・・・多くの作品がそんな形で流通していることは承知していたのですが、なんとなくスルーしてきたと言うのが正直なところです。

心のどこかでこのままでいいのだろうかと言う思いもありました。 実際に入手するところまではいかなくともネットを調べればある程度の資料が集まりそうです。 再録本(週刊誌等)やコンビニ本を何点かリストに掲載もしています。 初期単行本にこだわってきた風かをるですがこの際なので一念発起、資料集めを始めることにしました。

今日はゴマブックスから出版されている「織田信長・上下巻」、「信長公記」、「忠臣蔵」の資料をリストにアップしました。  少しまとまった時点でリストを更新していくつもりです。 今後とも『小島剛夕の世界』をどうぞよろしくお願いいたします!
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2019/02/12 14:35 ]
 カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索