FC2ブログ

≫ EDIT

【連載第43回】小島剛夕長篇大ロマン31 お嬢吉三 

31 お嬢吉三

(解題)
つばめ出版発行。 本編146ページ。 昭和39(1964)年1月頃に出版された。 『書籍雑誌卸月報』には前年の10月号と11月号に出版広告が載っているのを確認。 「名作劇場」が四冊で打ち止めとなり、再び「長篇大ロマン」シリーズに立ち返って発表された一作。 題名の通り、二代目河竹新七(後の河竹黙阿弥)が安政7(1860)年正月に発表した歌舞伎の「三人吉三廓初買(さんにんきちざくるわのはつがい)」が元ネタとなっている。 人間関係の複雑な原作芝居を手際よく改変して読み易いものにまとめた手腕は見事である。

(あらすじ)
捨て子だった吉三郎は、旗本乾家の当主に拾われ実子同然に育てられてきたが、心に想う篠と弟の十三郎が婚約し、正当な血筋の十三郎が家督を継ぐと知って、家を出る。 いつしか無頼の徒となった吉三郎は、妙齢の娘姿で悪事を働き、「お嬢吉三」と呼ばれ恐れられていた。 ある夜、町娘から百両の大金を奪った吉三郎は、誤ってその娘を川へ突き落してしまう。 一部始終を見ていた御家人崩れの「お坊吉三」は、「お嬢吉三」から百両を奪おうと刀を抜く。 そこへ仲裁に入ったのは、坊主上がりの「お尚吉三」だった。 これを縁に同じ名前を持つ三悪人は、義兄弟の杯を交わす。

それから暫く経ったある日のこと。 寺の境内でヤクザと喧嘩の最中の「お嬢吉三」は、かつての想い人篠と偶然目が合い、気が緩んだ隙に脇腹を刺されてしまう。 倒れ込む「お嬢吉三」を救ったのは、近くの料理屋の娘おとせせあった。 おとせとの温かい心の触れ合いを通して、「お嬢吉三」は堅気になろうと心を固める。 だが、百両を奪った時に川へ突き落したあの娘がおとせであることを知って、「お嬢吉三」は良心の呵責に耐えられなくなる。

43-1_20200703135724b71.jpg 43-2.jpg 43-3.jpg

43-4.jpg 43-5.jpg 43-6.jpg


≫ EDIT

【連載第42回】小島剛夕長篇大ロマン30 虚無僧月夜 

30 虚無僧月夜(小島剛夕・名作劇場4)

(解題)
つばめ出版発行。 本編146ページ。 昭和38(1963)年12月頃に出版された。 『書籍雑誌卸月報』には同年の10月号と11月号に出版広告が載っているのを確認。 悲運に付き纏われる男の生涯を追った大作の完結編。 得体の知れない大きな力に運命を狂わされた木暮泉之介が、忠義の武士から殺人鬼へと堕し、最後には息子の左次郎に斬られるまでを、畳みかけるようなテンポで描く。 前編の『万華地獄』とこの『虚無僧月夜』は、後年リメイクされ、「萬華地獄」というタイトルで『別冊漫画アクション』昭和44(1969)年10月号、10月4日号、10月18日号に全三回連載された。

(あらすじ)
両親だけでなく妹の雪恵までも喪った木暮泉之介は、決戦の地・比叡山へと向かう。 だが、泉之介が対峙した時、宿敵蒼風は、師である諸木玄庵との修法合戦で相討ちとなり、精魂尽き果ててすでに死んでいた。 謀略と闘争の血生臭い境遇から抜け出て新しい生き方を模索する泉之介は、亡き師・玄庵の一人娘百々代(ももよ)とのささやかな生活に、失われた幸福を取り戻す道を見つける。 百々代との間に一子左次郎を得て、泉之介の悲運も終わりを告げたかに見えた。 しかし、成長した左次郎が学問を志し坂本竜馬に付き添われて旅立ったその日、泉之介と百々代の夫婦は、蒼風の息子左次馬が藩主井伊直弼とその懐刀・長野主膳を暗殺すべく襲撃したその場に出くわしてしまう。 そして…。

42-1.jpg 42-2.jpg 42-3.jpg

42-4.jpg 42-5.jpg 42-6.jpg


≫ EDIT

【連載第41回】小島剛夕長篇大ロマン29 万華地獄 

29 万華地獄(小島剛夕・名作劇場3)

(解題)
つばめ出版発行。 本編148ページ。 昭和38(1963)年10月頃に出版された。 『書籍雑誌卸月報』では9月の出版予定。 本文扉のタイトルでは「萬華地獄」となっている。 幕末の井伊家を二分する跡目争い。 兵道の呪殺修法によって井伊直弼とその息子を調伏せしめんと企てる一味に戦いを挑んだ忠義の武士・木暮泉之介の悲惨な巡り合わせを描く。 多くの登場人物を配した波乱万丈の物語は、呪殺の怪奇色も加わって、興趣が尽きない。

(あらすじ)
彦根藩士・木暮泉之介は、ある日、兵道の師である諸木玄庵とともに、琵琶湖に浮かぶ小島に奇怪な呪殺修法の祭壇を発見する。 それは玄庵のかつての弟子多門寺蒼風が、井伊直弼の家督相続を快く思わない於蓮の方と謀って、直弼とその息子を調伏すべく祈った跡であった。 お家の内紛を収めるため、忠義の士・泉之介は江戸へ向かった。 泉之介は、直弼の学友・坂本竜馬の協力を得て、直弼呪詛の証拠を手に入れるが、反直弼派の上役の反感を買ってしまう。 陰謀と内紛の嵐は、泉之介の両親を死に至らしめ、泉之介自身も乱心者として追われる立場となる。 そして悲運はさらに重なり、今度は泉之介の妹雪絵の身に災難が降りかかる。

41-1.jpg 41-2.jpg

41-3.jpg 41-4.jpg


≫ EDIT

【連載第40回】小島剛夕長篇大ロマン28 若衆笛 

28 若衆笛

(解題)
つばめ出版発行。 本編144ページ。 昭和38(1963)年9月頃に出版された。 多くの愛読者の要望に応えて、人形浄瑠璃と歌舞伎で有名な「妹背山婦庭訓(いもせやまおんなていきん)」を大胆に改変。 和製ロミオとジュリエットの悲恋を華麗な筆致で高らかに歌い上げる。 殺伐とした大作「名作劇場」の間に挟まって制作された「長篇大ロマン」であるためか、哀愁のロマンチシズムはいつも以上に甘く切ない。

(あらすじ)
清澄家と太宰家は吉野川を挟んで何代にも亘り遺恨の間柄であった。 清澄家の嫡男京弥と太宰家の一人娘美葛(みくず)は、お互いの素性を知らぬまま一目で恋に落ちる。 折しも、若き藩主左近将監は、目を患い静養を余儀なくされていた。 藩主の血縁である城代家老の御室は、そのことに乗じて自分の子を新しい藩主にし、お家を意のままにせんと企んでいた。 藩主御側仕えの若衆である京弥は、御室の姦計を察知し、主君を守るためなら死も厭わない覚悟を決める。

40-1.jpg  40-2.jpg

40-3.jpg

40-4.jpg


≫ EDIT

【連載第39回】小島剛夕長篇大ロマン27 修羅無常  

27 修羅無常(小島剛夕・名作劇場2)

(解題)
つばめ出版発行。 本編146ページ。 昭和38(1963)年8月頃に出版された。 薩摩藩の秘文書を巡る争奪戦の完結編。 前編同様、一気呵成に読ませる。 虚しい闘争の果ての無常観漂うラストが印象的。 この後編には、黒澤明監督・三船敏郎主演の映画「用心棒」「椿三十郎」に登場する主人公「三十郎」に性格も行動もそっくりな侍・如月三十郎が登場し、一種の狂言回しとして殺伐とした戦いを最後まで見届ける。 前編の『歸去来峠』とこの『修羅無常』は、昭和43(1968)年に『影法師』と改題されてつばめ出版から全2巻で再版された。 またリメイクもされ、「還らざる者」というタイトルで、『別冊漫画アクション』昭和44(1969)年11月1日号、11月15日号、11月22日号に全三回連載された。

(あらすじ)
秘文書を取り戻した卯月小七郎は、藩主からの信頼も厚く、秘文書を預かるという大役を仰せ付かる。 そこへ秘文書奪還を目指す風見修平ら伊賀組の隠密と、伊賀組から手柄を奪おうとする甲賀組の隠密が現れ、さらには、謎の浪人・如月三十郎も加わって、秘文書の争奪戦は混沌とした様相を呈する。 その戦いの最中、小七郎との生活に新しい未来を願っていた梢が自害。 怒りに燃える小七郎と修平の宿命の対決が迫る。

39-1.jpg 39-2.jpg

39-3.jpg 39-4.jpg


≫ EDIT

只見線応援団・会員証 

昨日、申し込んでいた『只見線応援団』の会員証が届きました。(2020年1月19日コメント欄参照) 教えてくださったえりのあ様に感謝です。 可愛いコースターも同封されていました。 2021年度中の全線開通を目指して復旧工事に取り組んでいるそうです。 会員証には特典が付いています。 協賛店で提示すると割引が受けられるということで青虫行きの際は利用させていただこうと思っています。

tadami-ouenndan01.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2020/03/06 11:20 ]

≫ EDIT

【連載第38回】小島剛夕長篇大ロマン26 歸去来峠  

26 歸去来峠(小島剛夕・名作劇場1)

(解題)
つばめ出版発行。 本編146ページ。 昭和38(1963)年8月頃に出版された。 『書籍雑誌卸月報』では7月の出版予定。 本文扉のタイトルは「帰去来峠」となっている。 これまで25巻を数えてきた甘美で華麗な「長篇大ロマン」シリーズをさらに発展させるべく、強い野心と意気込みをもって創刊された「小島剛夕・名作劇場」の第一弾。 巻末の「創刊のことば」の中で、小島は、「この『名作劇場』は『豪壮時代劇』を描くことに主力を傾けている」と語っている。 無二の親友が敵同士となって刃を交えることになる悲劇を壮大なスケールと抜群の語り口で描写。 過去に描いた作品からのモチーフやアイディアが所々に鏤められたこれまでの集大成的作品。 後編の『修羅無常』ともども一気に読ませる。

(あらすじ)
九州・薩摩藩のお話。 卯月小七郎と風見修平は、幼い頃から無二の親友であった。 しかし、父が伊賀組に属する公儀隠密であったことを修平が知った時、二人の友情は無惨にも消え失せる。 受け容れざるを得ない宿命として隠密の役目を背負った修平は、甲賀組隠密の襲撃に乗じて、鹿児島城内に秘蔵される神君家康公直々のお墨付きの奪取に成功する。 だが、その混乱の中で、修平は図らずも恋人梢の父を斬ってしまう。 友情・信頼・忠義を踏み躙った修平に対する小七郎の怒りは凄まじかった。 秘文書を携え江戸への帰路を急ぐ修平が帰去来峠に差し掛かった時、修羅の鬼と化した小七郎が行く手を遮った。

38-1.jpg  38-3.jpg

38-2.jpg

38-4.jpg  38-5.jpg


 カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索