fc2ブログ

≫ EDIT

武士の道 

21wakamusya.jpg
画像クリックで拡大


春風に
舞い散る花を
踏みあえず
馬首をめぐらす
武士の道

桜の開花時期が予想よりだいぶ遅れています。
今日は肌寒い雨模様・・・・。
四月に入って入学式ごろには「春風に舞い散る花」の光景が広がるでしょうか?

オークションで入手した剛夕先生の原画です。 立派な額装がされています。
風かをるにとっては嬉しいお買い得品でした。
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2024/03/23 09:46 ]

≫ EDIT

GRAPHICATION/朝顔日記 

graphication-01.jpg  graphication-02.jpg
画像クリックで拡大


オークションで入手しました。 長篇大ロマン「朝顔日記」の画像が掲載されていたので記事の内容に興味を持ち落札した雑誌です。

GRAPHICATION 20008 No.157
2008年7月発行 特集 時代小説・時代劇の魅力
発行:富士ゼロックス株式会社

※『小島剛夕』に関する記事について

・古典芸能・時代小説から見る日本初のエコロジスト熊沢蕃山/室田 武

長編大ロマン「朝顔日記」は主人公阿曾次郎(後の熊沢蕃山)と深雪(朝顔)との恋物語で典型的なすれ違いドラマです。 掲載記事では熊沢蕃山が「カムイ伝」に登場することから『白土三平』と『小島剛夕』の関係性についても触れています。 よく目にするのが『小島剛夕』が「カムイ伝」制作に携わったことから『白土三平』のアシスタントをしていたという記述です。 この記事ではそこの部分が下記のように記されています。

―当初の『カムイ伝』は、白土三平が原案を練って小島剛夕が作画し、それを助手の集団が仕上げる、という作業手順であったことが知られている。 つまり、白土と小島はきわめて親しい関係であったわけで、・・・・以下略。

この文章を読んで「よくぞ調べて書いてくださった。」と嬉しく思いました。 熊沢蕃山に関して知見を共有していたという記載は定かではありませんが、他にも白土作品と剛夕作品には共通点が多々見られることは事実です。 今昔物語を題材にしたストーリーではまったく同じ内容の作品を残しています。 また、忍者武芸帳(影丸伝)の中から極めて印象的な場面を再現した作品もあります。 まだまとめ切れていないのですが、いつかサイトでお知らせできたらと考えています。

このブログを書くにあたって久しぶりに長篇大ロマン「朝顔日記」を読み返しました。 やっぱり好きです! 長篇大ロマン! そして貸本時代の剛夕作品。
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2024/03/21 10:19 ]

≫ EDIT

すっかりご無沙汰しています。 

少々体調が思わしくなく、根を詰めての作業が難しくなっています。 ヤフオクにて貴重な原画(原稿)2点をゲットしていますが、検証が必要でなかなかアップできずにいます。 本日は『一、貸本の部屋』の「小島剛夕による貸本表紙絵」14点の更新のお知らせです。 原画のアップはもう少しお待ちください。
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2023/11/19 21:22 ]

≫ EDIT

明けましておめでとうございます。 

閑古鳥が鳴きっぱなしの寂しいブログになっております。(汗) 新規の探求がなかなか難しいこの頃・・・。今年は剛夕関連の画像を整理してもう少しサイトを充実させたいと考えています。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2023/01/01 15:45 ]

≫ EDIT

横手市増田まんが美術館(ミュージアムグッズ) 

『横手市増田 まんが美術館』の新しいミュージアムグッズができましたのでお知らせいたします。 前回同様、剛夕先生のお嬢様よりいただきました。 可愛い手のひらサイズのメモ帳です。

表紙は4人の先生方(小島剛夕、さいとう・たかを、矢口高雄、土山しげる)の原稿を入れる封筒でメモ書きも当時のまま復元してあります。 そして、それぞれの先生が使われた原稿がメモ帳になっています。 屏風のようにたたむと手のひらサイズになります。

memo-all.jpg

memo-gouseki-a.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2022/06/28 22:58 ]

≫ EDIT

セクサロイド完全版・松本零士 

剛夕作品と関連は無いのですが、このたび復刻発売された松本零士氏の『セクサロイド完全版』について少し…。

クレジットこそありませんが、この復刻版の発行に関してほんの少し当サイト(小島剛夕の世界)が関与しているのです。 作品を復刻する場合、当時の原稿が揃っていることがベストです。 ただ、今から半世紀も前の作品原稿となると散逸して完全に揃うことは奇跡と言えるかもしれません。 その場合は原稿からスキャンする方法が一般的です。 まあ、貸本時代の作品などは掲載本を揃えることも大変困難なことになりますが。

『セクサロイド完全版』の復刻に際しても同様で、どうしても入手できない一冊があったようです。 その一冊が当サイトに掲載されていて、発行に携わっていたW氏から借用させていただけないかという依頼が舞い込みました。 ところがこの雑誌は当サイトの掲載作品に多大な貢献をいただいたT・K様からお借りしたものだったのです。

本当に久しぶりにT・K様に連絡を取り、お貸しいただくことになりました。 T・K様は筋金入りのコレクターでいらっしゃいます。 「コレクターとして自己満足ではなく、誰かの役に立つ事は望外の喜びと思っています。」とおっしゃっていただけて当サイトをお手伝いいただいたことに改めて感謝いたしました。

そんなことがありまして『セクサロイド完全版』も無事に4月28日発行の運びとなったのです。 W氏からはT・K様のみならず風かをるにも復刻本を贈呈していただきました。 これが、想像していたよりも豪華なセット本でして、仲を取り持っただけの身としては少々申し訳なくも思ったりしました。(汗)

アマゾンで販売しています。(送料無料) 興味をお持ちの方はぜひ覗いてみてください。

sexaroid02.jpg sexaroid03.jpg sexaroid01.jpg


閑話 | TB(0) | CM(0) [ 2022/06/15 14:11 ]

≫ EDIT

Weekly漫画アクション【子連れ狼】 

5か月もご無沙汰でした。(汗) 今夜はかなり前にヤフオクにてゲットしていた作品のご紹介です。

46-11-25.jpg  46-11-25t.jpg
Weekly漫画アクション【子連れ狼】 
昭和46年11月25日号 牙の夜(後篇)



探求日誌 | TB(0) | CM(0) [ 2022/05/13 21:17 ]
 カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 プロフィール

風かをる

Author:風かをる
その旅は昔々店じまいをした貸本屋さんから譲っていただいた数冊の「長篇大ロマン」から始まりました。
小島剛夕作品に魅せられてン十年。果てしない探求の旅が続いています。

 月別アーカイブ
 QRコード
QRコード
 ブログ内検索